まだまだ行けるぞ60代

糖質制限食 毎日何を食べている?|一週間の食事メニュー 1日目

梅雨ですね .. 毎日じとじと 嫌になります

朝食|オムレツとベーコン + 納豆

朝食は卵2個と納豆は外せません。

卵の糖質は一個0.1gでほぼゼロ。最適の低糖質・高栄養食品です。

今朝はオムレツにしてベーコンを添えました。それに納豆。写っていませんが味噌汁があります。

ベーコン100gにおける糖質量は約4g 少量なのでカウントしません。

オムレツを焼く油はオリーブオイルを大さじ一杯ほど使います。オリーブオイルは毎食意識して使っています。

ケチャップ100gにおける糖質量は約26gとかなり多めなので使いすぎには注意が必要です。今朝はケチャップ大さじ一杯15g使ったので、糖質量は約4gになります。

納豆はワンパック45gで糖質量3.9g 高タンパクで食物繊維も多く、欠かせない食品の1つです。付属のタレは糖質が多いので醤油を使います。

卵とベーコンには糖質はほとんど含まれません。

朝食で摂取した糖質の合計は約8gでした。

このメニューだと炭水化物が数グラムと僅かなため、血糖値の上下幅が少なく、結果としてあまり空腹感を覚えません。

2時ごろまでは余裕です。

昼食|カレーをトッピングした鶏胸肉とブロッコリー

調理前

調理後 電子レンジで計7分

調理は基本的に電子レンジのみ

加熱時間は チキンは500wで表2分 裏にして1分30秒
ブロッコリーは3分がベスト

鶏胸肉の糖質量は100gあたり0gです。なかなか0gという食品はありません。今までも、こらからも、おそらく毎日食卓に上るでしょう。

ブロッコリーは茹でるよりも電子レンジの方がブロッコリー臭さがなく食べやく感じます。ビタミンも溶け出しませんし。

加熱後は、オリーブオイルとマヨネーズに粗びき黒胡椒がおすすめです。

マヨネーズは糖質が大さじ約1杯(15g) 当たり0.1gなので糖質制限中は安心して使えます。

レトルトのビーフカレーは糖質が15gと多いのですが、鶏胸肉を嫌いにならないように味に変化をつけています。塩コショウだけでは飽きます。

ブロッコリーの糖質量は100gあたり0.8gで、ビタミンと食物繊維が豊富なので、最適な野菜の1つです。

合計の糖質摂取量は約16g 少し摂りすぎました。

夕食|豚肉の生姜焼きと野菜(キャベツ・ラディッシュスプラウト・モロヘイヤ)+ ビール(糖質ゼロ)

発泡種を一本。当然糖質ゼロです。糖質ゼロの発泡種の中では”キリンの濃い味”が個人的には一番好きです。

豚肉の糖質量は100gあたり0.2gゼロとして計算します。糖質を含む食品はキャベツとタマネギぐらい。

タマネギの糖質量は中程度の大きさ(200g)で13.5gほど。一皿で1/4使っているので4g弱になります。

玉ねぎは子供の頃から嫌いだったのですが、やはり無いとひと味足りません。玉ねぎは絶対に透明にクタクタになるまで火を通します。

必然的に他の野菜も同様になります。見た目は不味そうですが問題ありません。

キャベツ100gの糖質量は約1.7gです。セブンイレブンの千切りキャベツ1袋150gを半分を使ったので1.3gほど。

夕食で摂取した糖質は全部の皿を合わせても6g弱。問題になる量ではないですね。

今日一日の糖質摂取量は30gでした。

明日も続けます。

お腹いっぱい食べて痩せる糖質制限食 一週間の全メニュー|2日目 健康的に体脂肪を落とす糖質制限食 7日間のメニュー|3日目 糖質制限食を長く続けるために|時にはゆるく 一週間menu|4日目 鶏胸肉は糖質制限食に最適|簡単手軽な一週間メニュー|5日目 糖質制限食を続けるには手の込んだレシピなんて無理|6日目 簡単でも効果的 料理に縁がなくても作れる糖質制限食 |7日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください