まだまだ余裕で快走中

ホームレスの生活を見て考えた|所有しないことによる自由もある

何も所有しないことによる自由

何年も前になりますが、上野の森美術館で世界三大文明をテーマにした展覧会がありました。

新車を手に入れたばかりということもあって、張り切って早起きをして高速道路を何時間も走り、はるばる東京まで出かけて行っのですが、

着いたらなんと休館日。

そこに追い討ちをかけるかのように、美術館と上野公園に挟まれた片側2車線の広々した道路を走行中、今度はスピード違反で捕まりました。

55キロで走行していて15キロオーバーでした。

警察官が「東京の方ではないですね」「この道路を知らなかったのですか?」丁重な態度でしたが、きっちり反則切符を切られました。

反則金は16,000円程だったと思います。度重なるショック。その時の落胆たるや、私のランキングではベスト3に入ります。

がっくりと肩を落としてトイレに行こうと上野公園に入っていくと、そこにはホームレスのコミュニティがありました。

初めて見たホームレスの人達の暮らしは驚くほどひっそりと遠慮がちで、トイレの水道で洗濯をしていた人は、手を洗おうと私が近づくと、

さっと洗い桶をどけて壁際にまで避け場所を空けました。

何にも縛られすに生きるということ

公共の施設を占有することの良し悪しは別として、それらの光景は私の思い描いていたホームレスのイメージとは随分違っていました。

公園の一画にはコールマンやモンベルのテントが点在し、昼前のやわらかな日差しの中、辺りにはひきたてのコーヒーの香りが漂っていました。

テント前の椅子に座って本を読みながらコーヒーを飲む姿がアウトドア好きの私には、どことなく羨ましくもちょっと複雑な気持ちにさせる光景で、

今でも鮮明に記憶に残っています。

最低限の物しか所有していないけれど、なんとなく豊かさを感じさせるホームレスの暮らし。

ローンで新車を購入し喜んでいた自分をふと振り返り考えさせられました。

一面でしかないけれど何も所有しないことによる物に縛られない自由。多くを所有する自分は物に縛られ逆に物に所有されているのではないか。

それは不自由なことではないのか。

彼らが世の中のしがらみを自ら断ち切って手にした自由は、コーヒーの味わいをどう変えたのだろう… 

…きっと深いに違いない。

ネスカフェ エクセラふわラテまったり深い味 120P

価格:¥1,670 通常配送無料

糖質制限をしていると、たまに猛烈に甘いものが欲しくなります。そんなときに最適。
まったりとリラックス。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください