まだまだ余裕で快走中

「歳はとりたく無い」なんて言うのはやめよう|残りの人生がもったいない

老化だからと諦めては残りの人生がもったいない。

「ああ歳は取りたくない…」と何かにつけ言う人がいます。確かに自分では元気なつもりでいても細胞レベルの活力は明らかに低下しています。

これからの選択肢も減っているのは事実。自分の人生がすべて順調だったわけでもなく、振り返れば後悔の方が多いのも確か。

先が短のも寂しい。だからと言って女々しいこと言っても何にもなりません。

どうであろうと今日まで60年以上生きてきた。その幸運に対してまず感謝し、これからの時間に目を向けましょう。

嘆いてみても何も変わりません。誰にとっても老化は望まない変化で、決して止めることはできません。

でも、老化と諦めは同義語ではありません。それでは残りの人生がもったいない。

行き着く先はみな同じでも、道も進み方も自分の意思で選べます。そうすれば目にする景色も出会う何かも違うはず。

体力が衰えると気力もまた衰えます。でも人間は幾つにになっても自分自身の意思で変われます。

ここで一つ腹を決めて何か始めませんか?

体調が優れなくても、お金がなくても、下を向かずに心を奮い立たせて、自分の残りの人生をアクセル全開で走り抜けましょう。

省エネ走行では得られない何かを得るために。

明日のことは誰にも分かりません。

ぶち当たって砕け散るのも一興。

それならそれでいいじゃないですか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください