まだまだ余裕で快走中

CBDオイルの効能と効果|不眠症対策に2ヶ月間飲んでみた感想

CBDオイルの効能

麻から生まれたCBDオイルの可能性

しばらく前から、CBDオイルというものを飲んでいます。友人に話しても、ほとんど誰も知りません。「それ、やばいんじゃないの」とか言われます。

私はもう2年以上飲み続けているので、自分では慣れ親しんでしまっていて、何の違和感もなく、毎日持ち歩いて、どこででも使っています。

「何それ?」「CBDオイルだよ」「何に効くの?」「いろいろに効くんだよ」「へー」大抵そこで終わり。私もそれ以上説明する気もありませんが。

自分が良ければそれでいいので。麻が原料だなんて言うと、その後の説明が面倒になりますし、特に他人に理解してもらう必要も感じないので放置します。

CBDオイルとは

麻に含まれている成分の総称をカンナビノイド(Cannabinoid)といいます。

カンナビノイドは100種類以上あり、その中で有用性が最も高い成分がカンナビジオール・CBDです。

CBDは大麻のような向精神活性作用はなく、法律で禁止されている成分を含んでいません。ですから yahoo!ショッピングでも楽天でも普通に販売していて、誰でも購入できます。

CDDオイルが注目されている理由に、疾病に対する有効性があります。

糖尿病から、がん、疼痛、精神疾患、てんかんなど、素人が思いつく病気の大半に対して効果が認められています。

また、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状の改善、不眠症の解消などにも効果があることが知られています。

ただ、現在は研究段階で、効果に関しての医学的な裏付けはまだありませが、WHOでも、その効能と安全性が報告されています。

アメリカでは、CBDのてんかんに対する有効性が認められ、結果として医薬用大麻の解禁につながったといわれています。

CBDオイルはストレスの解消に効く


以下は、CBDオイルを使いはじめて2ヶ月ほど経過した時点での感想です。


私は、ストレスで精神的に参っていて、精神科に通院していろいろな薬を飲み続けていました。

しかし、症状に副作用がプラスされて、具合の悪さが増しただけ。

意味がないと感じて薬をやめたのですが、長期にわたって摂取していたたため、今度は離脱症状に悩まされることに。

離脱症状が若干収まった頃、たまたまCBDオイルを知り、精神の安寧と安眠を期待して購入しました。

購入時は、CBDオイルに対する知識もほとんどなく、さほど効果も期待していませんでした。

しかし、予想以上の効果がありました。

実際に使ってみたCBDオイルの効能

使い方は、目安として一回10滴とか説明されていますが、どの濃度の製品にも同じことが書いてあり、その通りに使うと2週間で終わります。

濃度が低いと、あまり効果を感じません。ある程度以上の濃度が必要です。

いろいろな濃度の製品を購入して、自分に合った使い方を見つける迄、ずいぶん時間がかかりました。高価なので、ある程度長持ちさせる必要もあります。

精神面に対する効能は、穏やかに作用する副作用のない精神安定剤のような感覚です。効果は4、5時間でしょうか。

今は、眠剤の助けを借りなくても眠れています。また以前に比べると、気分もずいぶん穏やかになりました。私にとっては、必要にして十分な効果です。

ストレスの軽減以外にも、何処かに効いているような気がしますが、定かではありません。

何よりも、副作用を気にせずに使えことが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください