まだまだ余裕で快走中

『ちょいワル親父』なんて恥ずかしい|ファッションは身体を鍛えてから

格好だけでは恥ずかしい

暫く前に『ちょいワル親父』なる言葉とファッションが流行りました。

客観的に見て最高にカッコ悪かった。

若い奴にそそのかされてその気になり、普段着た事のない革ジャンかなんか着て、チョット斜に構えてポーズをつけて写真に収まる。

かっこ悪すぎる!

世の中には動かす側の人間と、動かされる側の人間に分かれます。流行は誰かが何かの目的で意図的に作ったもの。

服装にもポリシーは必要です。年齢に関係なくファッションは主張です。あんな格好をして喜んでいるから親父は馬鹿にされるのです。

自分流のファッションこそが大切です。

当然、ジャケットやパンツには流行がありますし、色の組み合わせもポイントになります。雰囲気や体型に合った服装も考える必要があります。

しかし、男のファッションで最も重要なのは体型です。

ファッションの基本は体型にある

身体を鍛えましょう。90歳でも鍛えれば筋肉は肥大します。

60代でも週2回15分から20分のトレーニングをすることで半年後には体型が目に見えて変わってくるはずです。

ジーンズとTシャツが似合う体型に戻ったら、どんな服装でも似合います。時にはオーダースーツでビシッと決めるのもいいでしょう。

もっと自分流に生きるべきだと思いませんか。

人生もファッションも自分流に。

道具を揃えるとモチベーションが上がる

中高年のトレーニングでは、手軽な自重トレーニングが推奨されています。しかし自重トレーニングは長続きしません。

ダンベルがワンセットあれば、胸・背中・肩・腕・尻・太もも・ふくらはぎなど、全身のあらゆる部分を鍛えることができます。

男は道具が大好き。なにより、お金を出して道具を買うと俄然モチベーションが上がります。

重量は、初心者でも最低で片手10kgは欲しいところ。プレートの取り外しのできるダンベルでしたら、組み合わせで片手5kgから始められます。

また、レベルアップに応じて重量を増やしていくために、別売りのプレートがあるのも選ぶ際のポイントです。

安物を買うと、サビ防止の油でベトベトだったり、ラバーの臭いが強烈で家の中では使えない代物だったりして、結局お金を捨てることになります。

ずっと使える品質が大切な条件。

60代|筋トレで上半身を鍛える目的はTシャツの似合う肩と腕 60代|下半身を鍛える目的は心肺機能の強化とジーンズの似合う脚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください