まだまだ余裕で快走中

彼女に飲ませたい|女性好みのおすすめカクテル・レシピ

簡単でも本格的な女性におすすめのカクテル

彼女のためにカクテルを作る

女性を家に招いた夜は、とっておきのおもてなしを用意しませんか。

彼女のためのバーテンダーになり、彼女好みの綺麗な色の、甘くて美味しいカクテルを作ってあげましょう。

楽しい夜に飲むお洒落な酒は、あなたの株をもっと上げることうけあいです。

女性好みの甘くてフルーティーなカクテルをご紹介します。

☆カクテルの基本はカクテルってどんな飲み物?をご覧ください。

カクテルを作るにあたって揃えておきたい材料と道具

カクテルを作るにあたって揃えておきたいスピリッツ(蒸留酒)とリキュールは、以下のページをご参照ください。

スピリッツ|揃えておきたい4大スピリッツ
リキュール|揃えると楽しさが広がるリキュール
道具類|グラス、シェーカー、メジャーカップ、バースプーン

グラスは、カクテル・グラスロング・グラスを。グラスで気分が変わります。カクテルをより美味しく飲むために、お気に入りのものを使ってください。

カクテルを作るための技法のうち、ビルドシェークを覚えましょう。若干の練習が必要です、事前に一度作ってみたください。

ロング・カクテルは、氷がグラスに入っており、適温を維持できるため、ある程度の時間(氷が溶けると薄まって味が悪くなります)をかけて飲めるカクテルを言います。

氷が入るので、ロング・グラスなどの大きめのグラスに入れて出されます。

ビルド(Build)

氷を入れたグラスに材料を注ぎ、バー・スプーンでかき混ぜるだけ。グラスに直接材料を注ぎ、そのまま提供する技法。もっとも簡単であり、すばやくつくれるのが特徴です。

ソーダなどの炭酸飲料を使う場合は、かき混ぜすぎると炭酸ガスが逃げてしまい、水っぽくなるので、バー・スプーンで軽く1~2回転させて止めます。

また、リキュールなどのエキス分の高いものを使う場合、比重の関係でどうしてもグラスの底に淀んでしまうので、バー・スプーンを軽く持ち上げる感じで2回転ぐらい回し、上下を均一化させます。

今日からカクテルが作れる4つの基本テクニック

チャイナ・ブルー(甘口/低い/al約9%)

パライソ(30ml)
ブルー・キュラソー(10ml)
グレープフルーツ・ジュース(45ml)
トニックウオーター(45ml)

一押しのカクテルです。ほんのりとブルーの色合いがきれいなライチ風味のカクテル。ライチの華やかな香りとグレープフルーツの酸味は抜群に相性が良く。女性に大人気のオススメのカクテルです。

マタドール(中甘辛口/普通/al約13%)

テキーラ(30ml)
パイナップル・ジュース(45ml)
ライム・ジュース(15ml)

マタドールとは正闘牛士。フルーティで爽やか。やや甘口の味わいの中にもテキーラの香りが効いた味わい。夏にぴったりのカクテル。パイナップルの風味が効いていて、甘くて美味しいと女性に人気です。

スクリュードライバー (中辛甘口/普通/al約10%)

ウオッカ(30ml)
オレンジ・ジュース(90ml)

「スクリュー・ドライバー」とは「ネジ回し(ドライバー)」のこと。イランの油田(テキサスという説もある)の労働者たちが、ウオッカとオレンジジュースをネジ回しで混ぜて飲んだことから、この名前がついたといいます。飲みやく女性にもおすすめですが、それなりにアルコール度数も高いので飲みすぎに注意しましょう。

ソルティードッグ (中辛甘口/普通/al約10%)

ウオッカ(30ml)
グレープフルーツジュース(90ml)

ウォッカベースのカクテルの一つ。グレープフルーツのさっぱりした口当たりと、グラスの縁の食塩の組み合わせが絶妙であるとして人気が高いカクテルです。ウォッカとグレープフルーツは相性が抜群で、誰でも知っている定番のカクテルです。

ジン・トニック(中甘辛口/普通/al約10%)

ジン(30ml)
トニックウオーター(90ml)

ジンベースの最もポピュラーなカクテル。熱帯にあるイギリスの植民地で、健康飲料として飲まれていたトニックウォーターに、ジンを入れてみたら驚くほど飲み口がよかったというのが始まりとされています。世界のジンの8割がジン・トニックで飲まれていると言われています。

シェークで作る女性におすすめのショート・カクテル

ショート・カクテルは、シェークなどをして、そのカクテルを飲むのに最適な温度に冷やして提供されます。

作られた時点で適温であり、氷の入っていないカクテル・グラスに入れて出されるために、基本的に短時間で飲むカクテルをいいます。

シェーク(Shake)

材料と氷をシェーカーに入れて振り、強く混ぜ合わせる技法。シェ-クすることで、アルコール度の強い酒のカドをなくして飲みやすくしたり、混ざりにくい材料を急速に混ぜ合わせたりします。

カクテル作りのテクニックの中では、少々練習が必要な技法です。自然な動きを習得するために、シェーカに水と氷を入れて実際に振ってみましょう。

今日からカクテルが作れる4つの基本テクニック

ホワイト・レディー(中甘辛口/高い/al約27%)

ジン(30ml)
コアントロー15ml)
レモン・ジュース(15ml)

アルコール、甘み、酸味のバランスがとれた、すばらしいカクテルです。オレンジとレモンの香りがジンの風味を引き立てます。

スカイダイビング(普通/中甘辛口/23%)

ラム(30ml)
ブルーキュラソー(20ml)
レモン・ジュース10ml)

ブルー・キュラソーの青さが澄み切った青空を連想させます。刺激的なラムの味に、キュラソーの甘く苦い香りと、ライムの爽やかさのバランスが絶妙です。

ストロベリー・フィールド(中甘辛口/普通/al約20%)

ウオッカ(30ml)
ストロベリー・リキュール(10ml)
レモン・ジュース(20ml)

甘い苺の赤いカクテル。ストロベリーリキュールにオレンしジとレモンの風味が爽やです。ウオッカとの相性も抜群でフレッシュなオトナの甘さです。

マルガリータ(中甘辛口/高い/al約27%)

テキーラ(30ml)
コアントロー(15ml) 
ライム・ジュース(15mi)
塩(スノースタイル/グラスの縁に付ける

キリッとしたテキーラと、ホワイトキュラソーの柔らかいオレンジの香りがマッチした中にライムの爽快な酸味が漂うすっきりとした味わいです。爽やかでクセがなく初めてでも抵抗なく飲めます。

サイド・カー(中甘辛口/高い/al約27%)

ブランデー(30ml)
コアントロー(15ml) 
レモン・ジュース(15mi)

有名なカクテル。ブランデーのコクとホワイトキュラソー(オレンジ・リキュール)の爽やかさが調和したスタンダードカクテル。クセのない飲みやすい味です。

マリリンモンローが愛した マティーニもおススメです

飲んだことななくても、誰でも知っているカクテルはマティーニでしょう。マリリンモンローが愛したカクテルでも有名ですね。

マティーニはジンとベルモット(白ワインをベースにしたリキュール)の、爽やかな美味しさの辛口カクテルです。

誰もが知っているカクテル マティーニ(辛口/高い/al約30%)


ジン  50ml (4/5) 
ベルモット 10ml (1/5)  
オリーブ  (1個)

通称カクテルの王様。「カクテルの中の傑作」「カクテルの帝王」と称される最も有名なカクテル。映画の中では、マリリン・モンローや、ジェームス・ボンドが好んで飲んでいました。

大人の味が癖になるカクテルです。アルコール度数が高いので気をつけましょう。

ご紹介した スピリッツとリキュールを使えば 数十種類のスタンダードなカクテルが作れます

女性と飲むお酒、ビールや日本酒では雰囲気が出ませんね。

カクテルは女性好みのお洒落で飲みやすいお酒です。

カクテルで楽しいひと時を..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください